獅子座流星群で火球を狙う

少し前になりますが11月に観測した獅子座流星群です。
日本でも2001年に大量の流星が確認できたことで有名ですが、
ここ最近はコンディションの影響もあって目立った活動はなし。
その存在も大きく報道されることは少なくなりました。
しかし今年は11月17日に最高のコンディションが整い、
おうし座と獅子座のダブル流星群に期待がり集まりました。

当日は午前4時ごろがピークとのことで、
仮眠を取ってから12時には現場でチャンスを待っていました。
予報通り雲もなく月あかりも邪魔にならないベストコンディション。
火球クラスの流星を撮影しようと多くの天体カメラマンが待機し、
東の空にレンズを向けて天体ショーの始まりを待っていました。
私もシャッターチャンスを逃すまいと準備万端で待機。
獅子座流星群は放射状に流星が発生するため、
ワイドレンズでポイントを定めて撮影を行いました。
結果は残念ながら火球とまでは行かないものの、
見事な流星のシャワーを観測することができました。

sisi