おでこニキビができるメカニズムと予防方法

思春期だけに関わらず年を重ねてもおでこニキビは発生してくるものです。
若い人であれば部活等にて汗をかいて出来る場合が多いですが、働き盛りの20から40代の方においては仕事等のストレスにて発生する事が多いです。

おでのニキビが出てくると人に観られたくないと隠してしまうものです。
おでこニキビが発生しない予防策を掲載していきます。まず、おでこニキビが出てきても触らない事です。
触ったりかいたりするとさらに広がってしまう恐れもありますし、潰してしまう可能性があります。潰してしまうと化膿し跡が残る為、絶対行ってはいけないのです。

次にまめに洗顔を行う事です。
特に汗をかきやす夏場などは小まめに行う事が重要となります。汗に含まれている細菌が付着し続ける事で増殖しニキビが発生しやすい状況になってしまいます。

また洗顔後に化粧水などにてしっかり保湿をする事も重要な事となります。
「ベタつくのが嫌だから」と洗顔後そのままの状態で放置すると、肌が乾燥してしまいニキビができる原因になるので注意しましょう。

次にしっかりとした食生活を行う事です。
油脂分や糖分の過剰摂取を控える事やアルコールの多量摂取などによって皮下脂肪が増えてしまい、それがニキビとして発生してしまうのです。日常的な生活面を少し改善する事でおでこニキビの予防に大きな効果が期待出来るものと思います。

参考:ニキビ治療の専門皮膚科 東京アクネクリニック