大人ニキビはターンオーバーの正常化で改善

大人ニキビは、主にお肌のターンオーバーが乱れることで出来てしまいます。
お肌のターンオーバーは通常28日周期で行われるのですが、何もしないでこの周期が保たれるのは20代前半まで。
年齢を重ねるごとにその周期が遅れてしまい、お肌表面に古い角質などが溜まってしまうことが原因としてあげられるのです。

古い角質などはお肌表面に留まると、硬くなって毛穴を塞いでしまうのです。
毛穴が塞がれると、それまでスムーズに行われていた皮脂の分泌などが妨げられ、詰まってしまいますので、これが大人ニキビの出来る原因となってしまっているのです。従って、大人ニキビの改善方法としては、このお肌表面に溜まった古い角質などを、取り去ってあげることが大切になってきます。

週に2回ほど行うピーリングなどもいいと思いますが、拭き取り化粧水ですと、毎日行うものですので、お肌のターンオーバーも正常に戻りやすいかもしれません。

コットンにたっぷり取り、優しくお肌を労わるように、拭き取ってあげるといいのではないでしょうか。どうしても手に力が入り過ぎてしまうわという方は、通常よりも少し多めにコットンに取ってあげると、お肌との摩擦も防ぐことが出来、いいと思います。
お肌の古い角質などを取り去った後は、お肌のために、きちんといつも通りのスキンケアを行ってあげることが大切です。