プロアクティブ+のソフトな使用感

新バージョンとなるプロアクティブプラスは、
以前のものよりもより洗浄力がアップしたかなという印象を受けました。
ボディウォッシュもいっしょに買ったのですが、
ボディー用でニキビ予防ができるようにスクラブ粒子が入っているものはなかなかないので、
お肌が毛穴からさっぱり洗えるのが気に入っています。

洗顔料はザラザラした感触で、
最初は痛いんじゃないかと心配もありましたが、
使ってみるとスクラブは超ソフトな感触。
このおかげでしっかり洗浄できているといった感じがします。

pac

●クレンジングブラシについて
最初はこんなものを顔に当てて大丈夫かと不安でしたが、
使ってみるととっても気持ちいいので驚きました。
普段は低速でていねいにゆっくりと洗浄するようにしています。

洗い上がりもひとまわり白くなったような気がするくらい、
くすみがとれるのでお気に入りとなっています。
恐らく肌表面の古くなった皮脂が取れているんでしょうね。
新しいプロアクティブプラスは、しっかりと洗浄できるので、
そのぶん後からつかう美容液の浸透も良い気がします。

加齢で深刻になりやすい毛穴の悩み

女性のアンチエイジング美容の永遠の課題として挙げられるのは、
毛穴ケアと言っても過言ではありません。
毛穴の悩みと言えば、小鼻や頬周辺に苺のような黒いブツブツができる黒ニキビや、
毛穴が肥大化してザラザラとした凹凸肌になる開き毛穴が一番代表的です。

このような毛穴の悩みが増える要因としては、
お肌に必要以上の皮脂量を抱え込み過ぎているからです。
皮脂の分泌が過剰になると、毛穴周辺の角質が一生懸命防護しようとバリアを張っていきます。
その中で毛穴はボコッと陥没してしまい、
なりふり構わず無防備に開いてしまう状況になります。

案の定開いた毛穴に外から雑菌もなだれ込む事で、
余計に汚れが貯蓄しやすい状況になり、
そこでメラニンを生成して黒ズミを起こしてしまう流れになります。
また毛穴が開いて黒ニキビが起こるのは、
加齢に伴って肌の弾力が著しく低下する事も一因であり、
その場合は毛穴がダルダルになって顔のたるみに発展していきます。

このような毛穴の開きと黒ニキビに素早く対処するには、
皮脂の量を自由自在にコントロールできる肌基盤を作る事です。
先ずはガチガチに硬い肌表面を柔軟にして手触りを滑らかにする事だけでも、
毛穴は目立ちにくくなり、古い角質も貯まりにくくなります。

そして肌代謝を高める癖を付け、
正常なターンオーバーを促す事も毛穴ケアには必要不可欠です。
毛穴の開きや黒ずみに最も効果的な成分は、
毛穴を収斂して清潔にするフルーツ酸やサリチル酸、
代謝機能を促進するビタミンCなどです。

特にビタミンCは、余計な皮脂を抑えながら肌内部から張りを与える効能もあるので、
毛穴ケアでは絶対欠かしてはいけません。
毛穴の悩みを適切にケアするには化粧品に頼るのもいいですが、
普段の食生活や睡眠なども見直し、
規則正しい生活習慣を送る事にも気を配りましょう。

イライラからの悪循環で肌荒れ

私はストレスがたまってくると出てくる症状が、
寝る前にチョコ、ナッツ、スナック菓子が食べたくなること。
しかも、お腹がいっぱいになっても、ずっと食べ続けてしまうのです。
自分でもその姿少し怖くなってしまいます。

寝る前に食べてしまうので睡眠が浅くなり、
夜も寝たかと思うと何度も目が覚めて、寝て、覚めての繰り返しです。
そういった毎日がひどい時は1週間以上続いたりします。
体調も悪くなって当然で、1番分かりやすい部分では肌荒れです。
毎回同じような症状になるわけではないのですが、
最近は、ニキビが数箇所できたり、肌が以上に感想したり、
そして全身に蕁麻疹が出来てしまう事もあるのです。

ストレスからの過食が始まり、肌荒れという順序でくるのですが、
このような不規則で過食気味な生活がストレスが落ち着くまで続きます。
また肌荒れやニキビは人に見られる部分なので治したいのですが、
なかなか食べるのを止めれないのです。

ストレスをためないようにと、日々気にしてはいるのですが、
自分の体なのですが、どうしたらいいのか分かりません。
あまりにも、肌荒れがひどい時には、皮膚科に行って薬をもらったりするのですが、
一時的な解決にしかなっていないのかもしれません。
ストレスのない生活をしている人は、そんなにいないと思いますが、
私自信もストレスと上手く向き合っていき、
このような肌荒れを繰り返さないような生活をしていきたいと思います

きゅうりで乾燥・ニキビ対策

まだまだ寒い日が続き暖房が欠かせない季節。
デスクワークが中心だと気になるのが肌の乾燥。
普段から肌が乾燥しないよう気を遣っている私ですが、
エアコンの暖房って想像以上に水分を奪われています。
どれだけ朝しっかり保湿して出勤しても、
夕方には肌がカサついたりすることも…。

そこで始めたのがきゅうりを使った生ジュース作り。
きゅうりって実はビタミンやミネラルが豊富で肌に良い食材。
一時きゅうりパックなんて美容法も流行りましたが、
顔に直接貼るより食べたり飲んだりする方がいいらしい。
「きゅうりのジュース」と聞くと美味しくないと想像しがちですが、
バナナやリンゴなどフルーツと混ぜればとても飲みやすくなります。

このジュースを毎朝飲み続けているせいか、
以前より肌の乾燥が気にならなくなってきました。
乾燥しないってことはニキビもできにくくなるので一石二鳥。
手軽にできる美容法としておすすめです。

雪の影響で星座観測を断念

今年は新年から荒れた天候になりましたね。
本来であれば1月は空気が乾燥していて星座が観測しやすく、
天体写真の撮影にはもってこいのシーズン。
コンディションが良ければ都市部でもかなりの星座が見れます。

今年もチャンスがあれば撮影に出かけようと準備しましたが、
予想を遥かに上回る悪天候で断念しました。
市街地でも20cm程度は雪がつもりましたからね。
写真を見ていただければわかるように天体観測どころではないです。

私がいつも行く近所の撮影ポイントがあるのですが、
そこまでの道路も凍結してしまい坂が上れない状態。
今日になってようやく雪が溶けてきたのでチャンスを伺っています。
ちなみに2015年の流星群撮影は4月の「こと座流星群」から。
今年もいい写真が撮れるように頑張りたいと思います。

1420448041297

獅子座流星群で火球を狙う

少し前になりますが11月に観測した獅子座流星群です。
日本でも2001年に大量の流星が確認できたことで有名ですが、
ここ最近はコンディションの影響もあって目立った活動はなし。
その存在も大きく報道されることは少なくなりました。
しかし今年は11月17日に最高のコンディションが整い、
おうし座と獅子座のダブル流星群に期待がり集まりました。

当日は午前4時ごろがピークとのことで、
仮眠を取ってから12時には現場でチャンスを待っていました。
予報通り雲もなく月あかりも邪魔にならないベストコンディション。
火球クラスの流星を撮影しようと多くの天体カメラマンが待機し、
東の空にレンズを向けて天体ショーの始まりを待っていました。
私もシャッターチャンスを逃すまいと準備万端で待機。
獅子座流星群は放射状に流星が発生するため、
ワイドレンズでポイントを定めて撮影を行いました。
結果は残念ながら火球とまでは行かないものの、
見事な流星のシャワーを観測することができました。

sisi

使って効果を実感!プロアクティブの初回セット

ニキビは世界で共通の肌トラブルです。
人種や肌の色は違ってもニキビはできますし、
日本の若者と同じようにニキビに悩む人は世界中にいます。
そんな世界共通の悩みを解決してくれるのがプロアクティブ。
日本でもお馴染みの定番ニキビケア化粧品ですが、
実はアメリカで先に販売されており、
愛用者は世界中で1000万人を超えているそうです。

何故そんなにプロアクティブが愛用されているかと言うと、
1.手頃な価格帯
2.シンプルなお手入れ方法
3.誰が使っても心地く、効果が実感できる。
と言ったところでしょうか。

簡単そうでなかなかこの3つが揃った化粧品はないものです。
個人的にはもう少し価格が高くなってもいいので、
上級グレードのプロアクティブを販売して欲しい気持ちもあります。
しかし初回セットが3900円というのも確かに魅力的。
写真は私が購入したプロアクティブの初回セットですが、
ライターと比べて分かるように非常にコンパクトなサイズです。

p06

初回セットは30日分と記載されていますが、
実際に使ってみると説明書通りに使っても45日程度使えました。
注意したいのは初回セットのみでニキビは治らないということ。
ニキビの改善を実感するには最低でも2か月以上は使い続け、
肌が生まれ変わるのを待つ必要があります。

プロアクティブ+ブラシ付きセットの効果を検証

感動のスーパームーンを撮影

9月9日の夜はスーパームーンの撮影で盛り上がった。
この日は月が地球に接近して通常の満月より大きく見える日。
次のチャンスは約一年後ということもあり、
街では夜空に向かってスマートフォンで撮影する人が目立った。
ニュースなどで報じられたため一過性のブームではあるが、
このように星の撮影に一般の人々の関心が集まることは嬉しいことだ。

前日の天気予報では曇り空の予報だったが、
予報が外れて見事なスーパームーンを見ることができた。
写真はスマートフォンで撮影した簡単なものだが、
それでも通常の月と比べて大きくて明るいのが分かるだろう。
1417835152236

この日のフェイスブックやツイッターには、
数多くの月の写真がアップされて注目度の高さが伺えた。
個人的には写真を撮るだけでなく双眼鏡を使って見て欲しい。
カメラ越しに見るのとは違った月の表情が見えるはずだ。